バストアップの方法【目指せ!バストアップ】

バストアップを目指して、日々、様々な豊胸術に励んでいる女性も多いことでしょう。 バストアップをいろいろな方法をいろいろと見ていって下さいね。 バストアップのエクササイズ、マッサージ、バストアップサプリメントなどご紹介しております。

バストアップ

バストアップの方法【目指せ!バストアップ】カテゴリー項目一覧

ホルモンバランスの乱れの原因

バストアップの方法を選ぶときに、なぜバストが大きくならないのか、その原因を知ることも大切です。
バスト・アップを妨げる原因は3つあるとされています。

ひとつ目は、さまざまな分野で問題となっているストレスです。
子どもの頃から競争社会の中にどっぷりと浸った状態で、受験や仕事などのストレスを受け、女性ホルモンが活発でバストアップの最盛期である思春期に、身体の環境を充分に整えることが出来ません。
そしてさらに育児や介護など、女性特有のストレスも抱えると、バストアップどころか、身体自体に大きな影響を受けることになります。
このような原因を抱えている人には、まずそのストレスを取り除く方法が必要になるでしょう。

そして次に、骨盤が歪むことにより、女性ホルモンの分泌が悪くなり、バストアップを妨げることがあげられます。
骨盤が歪むと卵巣の機能が低下して、バストアップに有効な女性ホルモンの分泌も減少してしまいます。
このような場合は、骨盤を正しい位置に保つ方法を選ぶと、バストアップに効果的な方法となるでしょう。

そして3つめは、ダイエットです。
ダイエットにもいろいろな方法があるので、一概に全てが原因とは言えませんが、無理なダイエットをして急激に体重を落としたり、栄養素が不足したりすると、
バストアップに必要な女性ホルモンの分泌が低下してしまいます。
その場合は、ダイエットの方法を変えるなど、バストアップ方法とのバランスを考える必要があるでしょう。


このように、バストアップを妨げる原因は健康をも妨げる原因ですので、バストアップを考えると同時に、健康についても考えてみると良い結果を出すことができるでしょう。

続きを読む

最新技術のバストアップ方法

バストアップの目標をなるべく速く達成するために、さまざまな最新技術による施術の方法があり、それらを行っているクリニックやサロンをチェックしてみるのも良いでしょう。

主な施術の方法としては、いわゆる豊胸手術といわれる人工乳腺法や脂肪注入法、ヒアルロン酸注入法などのほかに、光照射法や機材を使ったバストアップ・マッサージなどの方法があります。

人工乳腺法によるバストアップの方法は、ワキの下や乳輪周り、またはバストの下のどこかを切り開いて、バッグを埋め込む方法です。
バストアップ用乳腺バッグの中身には、いろんな種類があり、シリコンやハイドロジェル、生理食塩水などが主流で、バストの大きさや形などを比較的自由に選ぶことができます。

脂肪注入法でのバストアップの方法は、自分の余分な志望を取り出し、バストに注入する方法で、注射器で乳腺まわりの皮下脂肪層に注入します。
切開手術ではないので、傷跡が残らず自然な仕上がりになる方法です。
また、余分な脂肪を使うので、引き締めと豊胸の2つが同時に実現できます。

また、脂肪の代わりにヒアルロン酸を注入するバストアップ法もあります。
この方法も注射器で注入し、切開しないので人気があります。

また、エステティックサロンなどで人気の光照射法は、切開手術も注射もせずに、特殊光線によって脂肪細胞を膨張させ、バストアップ効果が得られる方法です。
希望通りのバストアップ効果を得るには、好みやリスクなどを考え、充分に相談してから施術する方法を選ぶとよいでしょう。

続きを読む

自分で出来るバストアップ方法

バストアップを安全に自分のペースで行う方法もいろいろあります。
まず、どのバストアップの方法を行うにしても、規則正しい生活、栄養バランスの良い食事を心がけて体調を整え、バストアップに有効な女性ホルモンの分泌を促進することが大切です。
身体が健康であれば、精神も安定し、どんな方法を選んでもよりバストアップ効果が促進されるのです。

バストアップに効果的な方法は、マッサージ、エクササイズ、サプリメントの摂取、ツボ刺激、ヨガ、バストアップ・ダンス、バストアップ用補正下着など、実に多種多様で、ライフスタイルや好みなどによってその方法を選ぶことが出来ます。

よりバストアップの効果を期待するなら、それらのいくつかの方法を組み合わせ、無理をせずに長く続けるのが良いでしょう。
バストアップ法を長く続けるコツは、辛くならない程度に、楽しみながらすることです。
決して結果を急がず、ゆったりとした気持ちで、生活のひとつひとつを楽しみながら、その中にバストアップの方法を取り入れていくようにしましょう。

続きを読む

筋トレでバストアップ

バストアップの基礎エクササイズとして、腹筋や背筋を鍛えるエクササイズも重要です。
美しくハリのあるバストは、サプリメントやマッサージだけでは得られません。
バストを支えている腹筋と背筋をエクササイズで強くすることで、バストアップの状態を長く維持することができるようになります。

バストアップのためのエクササイズにはいろいろな方法があります。
代表的なのは、胸の前で両手のひらを合わせて力を入れる大胸筋トレーニングのエクササイズです。
このとき、あらかじめ息を吸っておき、胸の真ん中を意識して力を込め両手を押し合いながら息を少しずつ吐いていくのがポイントです。

そして、腕立て伏せのエクササイズも効果的に大胸筋を鍛えバストアップすることができます。
たくさん速くするより、ゆっくりと腕を屈伸するほうがより効果的です。
力がない人は、四つんばいで膝をついた状態でもバストアップ効果が得られます。

どのエクササイズ法も無理をせず、少しずつ長く続けるほうがバストアップには効果的なので、一日5分でも時間を決めてエクササイズしてみると良いでしょう。
バストアップは即効性を期待するのではなく、長く維持することを考えたほうが成功するでしょう。

続きを読む

リンパの流れをよくしてバストアップ

バストアップするには、リンパや血液の流れを良くするエクササイズが効果的です。
その中のひとつのエクササイズ法としては、バストアップに必要なホルモンを刺激するエクササイズをすることにより、リンパや血液の流れを活性化させて、乳腺や脂肪の組織そのものを変化させ、バストにハリを持たせてバストアップにつなげるエクササイズ法があります。

また、バストアップのエクササイズ効果を促進させるためには、姿勢を正しくキープすることも大切です。
姿勢を正しくすると、リンパや血液の流れがスムーズになるため、体調やホルモンバランスが良くなって、バストアップ効果も期待できます。

そしてもう1つのエクササイズ法は、バストアップに有効なツボを刺激するエクササイズ法です。
肩甲骨のまわりにあるツボは、バストアップに効果的といわれており、そのツボを刺激してリンパや血液の流れを良くするのです。
肩甲骨は腕の動きを支えているので、肩甲骨の筋肉を鍛えて柔軟にし、血流をよくするとさらにバストアップ効果が高まるでしょう。
同時に姿勢もよくなり、見た目にも美しくなります。

続きを読む

バストアップマッサージ

バストアップのためのエクササイズとして、マッサージも効果的な方法です。
特に、入浴中や入浴後など身体が温まり、血行が良くなった状態でマッサージ・エクササイズを行うと、さらにバストアップ効果が期待できます。

お風呂の中でバストアップ・マッサージを行う場合は、湯船に胸が漬かるくらいに入り、まずは片方の胸を反対側の手でゆっくり円を描くようにマッサージします。
このとき、左回りに数十回、右回りに数十回ずつ行います。
その後、片方ずつゆっくり数十回もみます。
このバストアップ・エクササイズのコツは、力を入れすぎずバストを大きく包み込むようにゆったりと行うことです。

また、ツボを刺激するバストアップ法もエクササイズとして効果的です。
特にバストアップのエクササイズに有効なツボは、「経穴」と「天渓」です。
「経穴」は気の通り道である経絡の各ポイントにあるツボです。
「経穴」を刺激すると経絡を伝って体調が整い、免疫力が高まって身体全体が活性化されるため、よりバストアップとエクササイズ効果が高まります。
そして「天渓」は乳房と胸の境目、乳頭の高さのところにあるツボで、バストアップに重要な乳腺の働きを促すエクササイズになるといわれています。
息をゆっくり吐きながら、「天渓」のツボを指で10回ほど押して刺激するエクササイズを行うと、バストアップ効果が得られます。

続きを読む

バストアップの鍵エストロゲン

バストアップを効率よく達成するためには、身体のメカニズム、主にホルモンの働きを知ることが重要です。
中でも、バストアップに深い関係があるのが女性ホルモンの働きです。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンという2つの種類があり、特にエストロゲンはバストアップに大きく関わりがあります。
エストロゲンが多く分泌されている時、女性は活き活きとして丸みを帯びた美しいボディ、バストアップされた状態にあります。
逆にエストロゲンが不足すると、子宮の発育が悪くなり月経異常などを起こします。

バストアップを目指すなら、このエストロゲンの効果を最大限に活かすように、分泌をコントロールしなければなりません。
現在では、このエストロゲンの効果を引き出すためのサプリメントや、エストロゲンそのもののサプリメントなどいろいろな種類があるので、それらのサプリメントを有効活用してバストアップを目指す方法もあります。

サプリメントでエストロゲンの分泌を促す性腺刺激ホルモンを刺激してバストアップにつなげていくのです。
バストアップ・サプリメントには、いくつかの栄養素を複合したバランス・サプリメントや、単体栄養素のサプリメントがあるので、比較検討して見ると良いでしょう。

続きを読む

バストアップサプリメントの栄養素

バストアップのためには、単にバストだけを集中してケアするだけでなく、身体全体が活き活きと健康な状態でなければ効果を発揮できません。

なぜなら、身体の各部位はお互いが関連しあって働いているので、バストアップを目的にしていても、身体全体を考えなければ、有効なバストアップ効果が得られないのです。
日頃から栄養バランスの良い食事を摂るようにこころがけたり、サプリメントで不足した栄養を補うと、体調が整いホルモンの分泌も活発になるため、結果的にバストアップにもなるのです。

たとえダイエット中であってもバストアップとダイエットを平行したい場合には、特に必要な栄養素を食事やサプリメントできちんと摂る必要があります。
その必要な栄養素は、肉や魚、卵、大豆などのタンパク質、乳製品や海草、小魚などのカルシウム、緑黄色野菜に多いカロテン、フルーツや淡色野菜に含まれるビタミンやカリウム、穀類やイモ類、砂糖などの糖類、油に多く含まれる脂質の6つです。

これらのバランスを考えて摂取し、足りない分はサプリメントで補うことにより、体調を整えながら、バストアップを目指すことができます。
このように身体の基本をきちんと作ることで、健康とバストアップ、ダイエットなど、自分の目標をより効果的に、安全に達成することが可能になります。

また、サプリメントは食事の補助として摂取し、サプリメントで全ての栄養素を摂ることは望ましくありません。
なぜなら食品には複数の栄養素が含まれていて、バランスよく摂取できるのですが、サプリメントは主に栄養素別に作られているため、食品のようにまんべんなく栄養摂取することが難しいのです。
あくまでも不足した栄養を補うものがサプリメントであると認識して、過剰摂取などは避けるようにしましょう。

続きを読む

バストアップサプリメントの種類

バストアップのためのサプリメントも、最近ではたくさんの種類があります。
特に人気があるサプリメントは、プエラリアミリフィカ、ザクロ、マカ、ブラックホシュなどのサプリメントです。

プエラリアミリフィカは、タイの山岳地帯に自生しているマメ科の植物で、バストアップ効果を得るために重要なエストロゲンに非常に良く似た働きがあることで注目を集めています。
プエラリアミリフィカのサプリメントは、バストアップだけではなく、美肌効果や更年期障害の改善にも効果が期待できます。

ザクロは、赤い実の果物の一種です。
ザクロの中には、バストアップに効果的なエストロゲンに似た成分が含まれているといわれ、またその他にも豊富な栄養素を含んでいます。
ザクロのサプリメントを摂取することで、体調を整え、身体にハリが出て、バストアップにも効果が出るといわれています。

マカは南米ペルーのアンデス山脈に生育するアプラナ科の植物で、古くからアンデスの人々の滋養強壮、疲労回復のための薬草として使われていました。
マカにはバストアップ効果が期待できる豊富な鉄分、ビタミン、ミネラル、タンパク質などが含まれるほか、植物性コレステロールも含まれています。
この植物コレステロールには、ホルモンバランスを整える効果もあるため、このサプリメントを摂取することにより、強い身体をつくりながら、バストアップの効果も期待できるのです。

そしてブラックホシュは、アメリカ北部に生育するキンポウゲ科の多年草植物で、インディアンたちが用いていたといわれています。
特に婦人科系疾患に有効とされ、月経異常や更年期障害など、女性ホルモンの働きを整える効果があり、イソフラボンやアルカノイド、トリテルペン配糖体など、バストアップにも効果が期待できる成分をたくさん含んでおり、サプリメントとしても人気があるのです。

続きを読む

正しい姿勢と下着でバストアップ

バストアップに一番効果があるのが、実は正しい姿勢なんです。
もっとも基本的なことなのですが、普段見落とされがちな豊胸術かもしれませんね。

背筋を伸ばして姿勢を正すことで、格段にプロポーションも良く見え、良い第一印象を与えることでしょう。
猫背を直して胸を張る姿勢を心がけるだけで、数センチはバストもアップするはずです。
姿勢を正すことで、インナーマッスルも鍛えられ基礎代謝もあがりますので、バストアップだけでなく、自然とダイエットにもつながります。
簡単なのに多くの効果がある豊胸術、ぜひとも試してみてほしいものです。

正しい姿勢のほかに、正しい下着選びも重要です。
バストを大きく見せるためのブラがバストアップにいいとは限りません。
また、見た目のかわいさだけで選ぶのではなく、バストをきちんと支えてアップさせる機能に着目しましょう。
バストアップするには、サイズ選びも慎重に。
きちんと試着して、自分のサイズにあったブラを選びましょう。

豊胸エクササイズや豊胸クリーム、さらには豊胸サプメントなどでバストアップに励んでいる人は多いでしょう。
しかし、まずは基本の姿勢や下着選びに気をつかってほしいものです。
豊胸の効果は、意外なほど大きいはずです。
また、シャンとした立ち姿は、豊胸以上に得るものが大きいかもしれませんよ。

続きを読む

サイトTOPへ